艶つや習慣 イボ 効果

艶つや習慣はイボにも効果があるの?

adetuya

顔にポツポツとした出っ張りがある…こう悩む人は意外に多いものです。
早ければ二十代頃からこの悩みは出始め、加齢とともにこの悩みは増えていきます。
このポツポツとした出っ張り、老人性のイボの可能性があります。

 

老人性イボは紫外線が原因で出来ると言われています。
紫外線によってできたシミが盛り上がったり、表面が固くなる・角質が厚くなるという症状が出てきたら老人性イボの恐れが高くなります。
この老人性イボ、遺伝によってできる可能性も高く、遺伝の場合は若いときから出来始めるようです。

 

艶つや習慣はこの老人性イボにも効果があると言われていますし、スキンタッグにも効果が認められています。
スキンタッグは加齢とともに多発することから、皮膚の老化現象が原因と言われています。
これらの皮膚のポツポツとした出っ張りをケアできるのが艶つや習慣なのです。

 

老人性イボ・スキンタッグは古くなった角質なので、艶つや習慣に含まれている成分が効果的です。
ただ艶つや習慣が効果があるのは数多くあるイボの種類の中の老人性イボだけ。
その他のイボに関しては効果が認められないので、艶つや習慣を使っても変化が見られない場合は他のイボの可能性を疑った方が良いでしょう。

 

adetuya

イボの種類

adetuya

イボにはいくつかの種類があります。
ウィルス性イボ・老人性イボ・尋常性イボ・扁平イボ・水イボ・足底イボなどです。
また性病の尖圭コンジローマもイボの一種とされています。

 

ウィルス性イボは人→人に感染するイボの一種。
ヒトパピローマウイルスに感染することによってできるイボと言われています。
自然治癒することもありますが、イボが大きくなったり数が増えることもあるようです。

 

老人性イボは上記で紹介した通り、紫外線が原因で出来たシミが盛り上がったり固くなったりすることでできるイボの一種。
良性腫瘍なので放置しておいても特に問題はありませんが、皮膚科で治療すれば綺麗に取り除くことができます。

 

尋常性イボはウイルス性イボの一種です。
傷口からウィルスに感染することでイボが発症します。
こちらも良性腫瘍ですが、増える恐れがあるので早めに治療しておきましょう。

 

扁平イボもウィルス性のイボの一種です。
健康的な皮膚についても感染はしませんが、傷口があれば当然感染します。
皮膚科での治療も可能ですし、漢方薬を飲んでの治療も可能です。

 

水イボもウィルス性イボですが、上記のウィルス性イボとは別のウィルスが原因で発症します。
プールなどで感染することが多いため、子供が発症することが多いようです。
その他にもアトピー性皮膚炎を発症している人が感染しやすいと言われています。

 

足底イボは足の裏にできるイボで、イボの部分に負担がかかると痛みがあるので歩くことが困難になる恐れが。
市販のイボ取りなどでも治療はできますが、綺麗に完治させるには皮膚科の受診が一番です。
自分で取り除こうとすると他の部分に感染する恐れがあるので注意が必要ですよ。

 

このようにイボにはたくさんの種類があります。
イボは間違った治療法を実践してしまうと、増えたり悪化したりする可能性が非常に高いものです。
良性腫瘍の場合は自然治癒を待ってもいいですが、急速に大きくなった・気になる症状があるという場合はすぐに皮膚科に行って医師の指示を仰ぎましょう。

 

艶つや習慣 〜50代向けクリエイティブ